ビットコイン相場を計画的に上げたボットの存在

From: Hatch
今回はリアルタイムで相場を見ていたから、分かるビットコインバブルの裏に潜んで相場を上げたボットの存在をご紹介します。

ビットコインバブルといえば、2017年の終わりから2018年始めにかけてビットコイン価格が暴騰したことを指す。

その当時、かくいうHatchはその当時、何をしていたかというと、bitFlyerで自動売買プログラムを作って運用していました。
下の動画の当時でまだ30万円台の頃でした。
(※結局は買って置いておくのが一番だったわけですが・・・)

ビットコイン自動取引の検証の様子

ビットコイン相場には一般投資家ではないボット(自動取引プログラム)がいた。

自分の取引プログラムを作るために、相場を観察していると特定の動きをするボットが何体もいることに気づいた

チャートを見てもボットの存在は確認できないので、バブル相場はどのように作られたか垣間見てもらえればと思う。

板が追いかけてくる?

多くの人は気づいていない様子でしたが、その中の1体が100万円を超える辺りまでかなり重要な役割を果たしていたボットがいます。

「板が追いかけてくるボット」

当時の主要なビットコイン取引所にはチャットがありましたが、その中でとあるトレーダーが、「今日はこれ以上は上がらない」「動き出すまでこの価格帯で待とう」と明確にチャットのメンバーに指示していました。

なぜそんなことが分かるのか?

と実際に自分も成り行きで売り板を食ってみると、その理由がわかりました。

売り板を食うと、買い板が常にすぐ下に入ってくる。
つまり、成り行きで買ったら、すぐ下に買い指値を常に入れてくるボットがいました。

そのトレーダーは売り板に成り行きをぶつけながら、どこまでボットが追いかけてくるかを、試しながら様子を伺いながら、ボットが追いかけてくる水準を見極めていたのです。

実際に同じように、売り板を食ってみるとすぐ下に買い板が追いかけてきて、自分が食った価格の下にすぐにボットが買い板を入れてくる

その買い板に売りをぶつけながら、買い進むことでリスクなしに買い上がる事ができる

しかし、一定の価格に到達するとボットはついてこなくなる。

それであれば延々と上がり続けるのではないかと、考えると思いますが、特定の価格になるとボットはピタリとついてこなくなる

おそらくチャートを作るボットなのだろう話していました。

当時、様々なボットを観察していましたが、このボットが一番印象的で、おそらく超大規模なプレイヤーか、もしくはbitFlyer自身が操作していた可能性があります。

ビットコインバブルの裏に潜んで相場を上げたボットの存在について、当時、現場にいた人間しかわからない情報としてお伝えしました!

PS.
もし、あなたが現在社会で氾濫する情報やフェイク情報に辟易としているなら、激裏ギルドをフォローすることをおすすめします。
激裏ギルドでは、品質の高い情報の生態系を作ることを目的としています。

  • #ビットコイン
  • #BTC
  • #ボット

関連記事

  1. 合法的に大麻ビジネスに投資する方法

  2. セスナをよく見たら要注意。あなたを監視するために飛んでいる。

  3. 乱発されるお尋ね文書。コロナ禍の税務調査(前編)

  4. コロナ助成金の裏にはびこる怪しいビジネス②

  5. コロナサバイバル 払った税金を取り戻せ

  6. 半日程度で終わるが侮れない「着眼調査」